亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。

調教記録

春は憂う。
きらきらした春光や陽光なんて最悪。

どこかで春の日の嫌な思い出があるんだろうと思う。
それを思い出したくないのに、もう少しで思い出しそうな気持ちにさせられるのが春。
それは子どもの頃の淋しさに似た焦燥感で、だから私は今年も春を嫌う。
毎年毎年のこと、しかし「春が嫌いだ、憂鬱だ」とまるで呪詛か気が触れたようにひとり嘆いて喚いたとて、春を遠ざけられた試しがない。
我ながらそろそろ春を憂鬱気味に傾けるメランコリーがうざったいお年頃、
つまりもはや様式美と化した春がキライ病へようこそ。

そんなメランコリーを分かりやすく表現してくれているのがこちら↓

55

で、だからって春に負けるのは嫌。少しでも春を(受け入れ)慈むために、
春に纏わる作品を読むこと。
これがいわゆる私の春の慣わし。 
とは言え、いつも読むものはだいたいおなじ。
坂口安吾の桜の森の満開の下、これは必ず読み返す。
春がくると読みたくなるのか、読まなくちゃいけないのか読まずにいられないのか、もはやわかりませぬ。

桜が人を惑わす美しき妖しやの世界。
単純に物語として大好き。

あと萩原朔太郎の自慰的沈鬱詩たちもデフォ、マストアイテム。
活字のうちでもやっぱり私は詩がいちばん心寄せられるものなので、読むのも易しいゆえに最近は詩集ばかり。

春の詩を調べるうち和歌に辿り着いてちゃっかりハマリ中だけどそれについてはまた今度。

詩における表現について、正しい正しくないとか私の脳みそでは足りん知識なので、ただ感覚的に「いいな」と反応するものがあるかどうか。

然して今年は春対策の一冊に宮沢賢治の春と修羅を、久しぶりに読みまして。
あのお人は高度なメルヘン坊やと言いますか、すべてが空想ならまだ追いつける気がするのに日常との境がなくてマジでわからん。
だから天才ってことにしておく。

もうひとつ、春と名のつく作品を漁っていて見つけた竹下夢二の「少年・春」が素敵だった。
絵描きとしての印象が私のなかで大きかったけれど、この出だしの描写から引き込まれちった。
心がぐいって、なる瞬間ていいよね。

Screenshot_2018-03-23-02-41-41


普段の生活のいつでも起こりうることで、食事にも道端にもSMの行為にも、
心ときめくレーダーが反応すればそれは欲しがって然るべきかと。
私は割りといつでもアンテナ開けてるよ、だから色々なものを見誤らないようにしないとだめ。  

相手と自分の化学反応による何がどのようにして、この空間と時間を構築したんだろうってな事を考えてると、気があわない人に対峙するときもちょっぴり楽しい。
し、今日は楽しかった相手と明後日も一ヶ月後もずっと楽しいってのより私は、お互いの心身の調子や具合、さらにストレスなんかの相互作用による差異を、影響違う時間や空間を体感してたいかも。

んーー心が踊ったり震えたり浮かれたり乱れたり、己の心を掴まえるのもできないんだなーー自分の心の行方を見失わないようにっ。


07



▼死体ごっこ、のような絵になってて、彼の目が死人みたいでよきかな
桜の木の下には死体が眠ってる!ということで。
春を慈しめるな今年は。
46



たとえばそこらへんを歩くだれか見知らぬ人達を捕まえて、
「SMと聞いて連想されるものは?」と問えばきっと、さして悩む間もなく返されるであろうその内容たるや、目隠しや手錠、全身黒に身を包んだハイヒールの女王様と鞭!
…とい事となるだろうとこれまた容易に予想していたのだが。

それはつまり抽象化されたSMのイメージが、所謂SMグッズと切り離す術もないものとして既に皆々様の裡に出来上がっているってことでしょう
ひなまつり=金平糖のように。

隠微さや後ろ暗さの皆無であるSMプレイ
あらゆるものの普遍化する速度というか世の流れが、400m競走のそれと同等くらいに思うこの頃。
つまり現代人の形態が、
人間の

容易く手にしたものは容易く失われていく、因果的に。 
それこそ気軽に色んな人と繋がれるSNSは、まさにお手軽な縁のはじまりと終わりの坩堝かに思えてならぬ亜きらです、こんばんは。

もうすぐ春がが来るとは関係のない
話で、
遡ること数百年。17か18世紀のフランス革命とかそのあたり、ヴェルサイユ宮殿だのバスティーユ牢獄だの、薔薇も気高く散りそうな、飽くまでおフランスで生まれた物語。

ソドム百二十日に描かれたサド侯爵の精神か欲望が、依然として現代的なSMプレイの底流をなす一方で、あれ以上のSMは生まれていないんじゃなかろうか。知らんけど。  

灰ずんだ古城と同色の土壁、天井から吊り下がった鉄の拘束具。
これらは西洋のBDSMと聞けば連想されるイメージ、つまりしょっぱなに植えつけられたサド侯爵による印象そのもの。
少し脳内にちらつく血の侯爵夫人物語は片隅に押しやって。

さて 物々しい雰囲気から漂う嗜虐性、マゾ側からすればこれから行われる責苦や展開を予想し、ひいては知った快楽をも覚え得るエロティック性。
こうした観点では、場所に姿格好といったシチュエーション、そしてずらりと並んだ凶器の数々(所謂SMグッズ)。

それらを目にしたマゾ側の記憶か感覚が反応した時が、SMのスタートと言えるでしょうね。
そして、 それゆえにSM行為イコール道具ありきだと。
日頃重たいキャリーを引きずってる身としてはYESと言わざるを得ないところだけど、私個人としては道具などなくてもお互いの認識に依ると思っている。

しかし、女王様であるためには道具は必要と言えるかもしれない。
 
道具ひとつない空間で行われる行為もSMたりえる派、に与する私としては、あるプレイに際して少し思うことがあったのだ。

以下は最近あった出来事。 
簡単に言えば突発的に生じたプレイ。
そのきっかけを見逃せば、次はないかもしれない事から決断し、ホテルへ到着するも、そのとき手元に在った道具らしきものと言えばこちら↓
アナルローターひとつ。ボンテージテープ。ローション、以上。
簡素。簡素すぎて寝たい気分に襲われたくらい。
このとき、やはりプレイするとなればある程度の道具を求めると気づく。

試行錯誤しながらコンドームにティッシュや歯ブラシつめて簡易ディルドぶってみたりしたものの、相手のけつまんこが解りやすかったので、指で責めることに。この私の手と指で。
結果、たった私の指二本でメスイキに到達するまでと相成りました。いえー

まじで指吊るかと思ったけど、一度震えちゃうと止まらなくなるのがおちりだもの。

最初数分は道具なさすぎてそわそわしたけど、申し訳程度にボンテージテープで目隠しをしたら、久々の視覚ゼロ感覚も味わい深かったとかなんとか。 
耐性からの脱却、ってやつかな。(テキトー

 最後になったけど、
こちらの「動くな。」の一言が、透明な拘束具を嵌めたように動きを制限する相手の桎梏となるならば、それはとても文学的であると同時に私の悦に入ること。

こんかい、言いたいことの一割も書けてないけどまだまとまらないからこの辺で許しといてあげる。


17


45



春は憂う。
いとも容易く、幼かった頃の懐かしい切なさを体感させられるから。


2017年さいごの日、さいごのSM。

まだ一年足らずながら、たくさんの初めての体験をして、新しい感覚を知って得ようとする姿はいじらしくマゾっ子としては優等生。

ピザとケーキというplayがparty状態のはじまり。
けっこうな量のこれをおいしく頂いたあと、最後に吐瀉物として返してあげた。
35

なんか、いい時間だったから。
今さら2017年おおみそかの日記。


38

んーーたまに言ってる事なんだけど 
自己の内面と向き合うこと、深い奥の柔らかいところらへんまで。
私はこれをよしとするし、触れるだけで痛いと叫びそうな疑心暗鬼ちゃん達が嫌いじゃないから。
そしてそういう子たち柔らかいところに触られたがってることがままあるんだろうな。

だってみんなそうでしょ?



43


わるいこはだーれだっ


いつもPlAYをはじめるまでは、(あれしよう)とか(やっぱりこれもしたいなー)と脳内ワンダーランドかのように色んな可能性を想像して悩む。
そしてそのじかんがきらいじゃない。

私のあたまのなかでは最高なSTORYが出来上がっていて、あとは受容する側であるMゾヒストの反応あるがまま。
 
の、はずなんだけどやっぱり飽くまで予定は未定で決定ではないんだよねーー世知辛い。

はい、ここからSTART!って はじめるわけじゃない けれど、
その地点からすでに未来は白紙状態、
ド頭からぱすんと何もかも飛んでって白紙にRESET.
つまりGOALへと到達したときには冒頭のシナリオは無意味な無存在に。

でも私はそういう、その時の相手や空気の感じによって変化していくナマモノ的なプレイがわりとすき。

そして、以下は前回同様に鞭でもなんでも頑張れば撮影可ぷれいのようす。 

[画像:d3bdc728-s.jpg]
▲手にもってるものはなにかなー


[画像:f83424a3-s.jpg]

[画像:ec620eeb-s.jpg]
▲これはさいごかな~
 慈愛の精神があふれだしてるね


日頃、ふたりっきりの空間であるところへ乱入しちゃうのって
なにか合法的に覗き見するようでぞわぞわ楽しかったおはなし。

科学の実験でつかうような錘が妙にフェティッシュに思えて、彼は辛そうだったけど、いやん素敵♡と私も体験してみたくなったのはないしょ。

整ったお顔立ちでアーティスティックな、そんな夜々さまと11・12日に大阪は十三にてW女王様イベントいたしますなの。

楽しみでしょ。楽しみなの。ふふ。
十三はSMのメッカと呼ばれた場所、SMルームのあるホテルであそべるのもよいところ。

詳しくは傀儡堂までよろしくりとりす。

[画像:fea49960-s.jpg]
この真ん中になりたい、と思うのは至極ふつうでしょ?







捕縛されて、動けない状態、状況。
であることに興奮して、ほんとにほどけない事を確認するために縄脱けを試みようとする。

私はそれを傍らに見て、ふごふごする姿を楽しむ。
最高に楽しい。

そんなじかん。
でも、その上からぺちぺちしたり、がぶってしたり。
さらにおちょくる。もとい玩ぶ。

そんなあそびもすーき。

12月になると、焼けた田んぼがすげーエロティックだなと思う。
寒々とした景色、
私の好きな水田は性的さは微塵もない。

来年までのお楽しみ。


[画像:b75719ca-s.jpg]


10

長時間プレイにて時間割りごっこ。
参考資料もそえて。(冗談
[画像:812f181e-s.jpg]


まずはHRでこれまでの振り返りや目標なんかについて、臨床心理士ばりに聞き込みもとい話し合うところからはじまり。
朝の会とか朝礼とか、そんなようなの。懐かしい、懐かしく楽しかった。

お相手である内面に潜ませているモノが窺えるのに自分ですら杳として掴めずにいるエフ氏(星新一より)の、プレイを重ねるにつれ精神性の滲みだすように少しづつ剥がれていく殻というか鎧というか。
云わばそうヤドカリ人間。そんなヤドカリ人間が真人間の道へと辿っていくサクセストーリー。

変容していく己にびびりながらも自分が一体どうなってしまうのか「その先が知りたい!」精神旺盛のエフ氏には言ってなかったけれど、「きょうで丸裸の生エフ氏にしてやるぜ」と心の箱庭ぶっ壊すことが私のひそかな目論見だったのだ。

心の箱庭、土足で踏み込まれたくない自分だけの領域。あるでしょ?
私も猿もエフ氏も誰もみんな心の奥っかわにあるもの、だけどずっとそこにひとりぽっちでいすぎると間違いやズレが生じやすい上に気づけないという。恐ろし。

ずっと内側でしか生きないってなら問題ないんだろうけどね。
そんなことしてちゃんと、社会生活営めないもんね。

なので人と人の間で生きていくためにも、自分だけの世界と外界とがちゃんと繋がっているかとたまには確認しないとだめ。
(持論)

つまり「自己を見つめる」、などと供述しており…
なんてつい茶化したくなるこの言葉の意味が大事。

そこで私の好きな言葉に言い換えると、
内省。内で省みる。これ。
なんと日本らしく美しい言葉でしょう。

しかして内省も
過ぎればナルシストに成り果てるけれど、自分の内で深く静かに思考するイメージ。

エフ氏はと言えばまさにplayback
.
いつもの反省会よりもちょっぴり真面目に、時間割りさいごの
終わりの会にて。(終礼!)

私とのプレイを振り返り追体験していきつつ、自己の興奮ポイントや感情の振幅、心の機微を把握していくことがやんわりとした目的。


いかなる作用が働いて自分の裡に影響を及ぼしたのか、脳みそ開けたってわからないことを思考する。ひまなの。
同情、共感。否定。感情の起こりは大体これらが多い気がする。
生まれた感情の行方も私は見失いたくない。

ずっと頭回して考えてたら、ある日突然に「そういうことか!」と閃きが啓示の如し。
例えば今日理解できたことがあれば
それまで見えなかった景色が見えたり、まるで感覚がひとつ増えたようだったり。

さて?2時間目,3時間目の苦痛のじかんを乗り越えて、エフ氏は3カ月ぶりかに射精と相成りました。

そして。到達できたのかしらん。


結果として、私の目標のぶっ壊すほどまではいかなくとも天地ひっくり返すくらいにはできたかな。なーーーんちってね。









先日の、香深さまんとの3Pのこと。
知った仲であるお二人にのっかるぜ!くらいに構えてたはずやのに、ちゃっかりわくわくうふうふしちゃったこの日。

それにつけても、この上からのアングル、たまらんわーええわ、すごくええ。


[画像:5491e25b-s.jpg]

自らを俯瞰で見ることがないし、絵的にオペ風なようで、どことなく猟奇殺人が行われてるかのように見えて終えてからも楽しいプレイでした。

▼より色を怪奇っぽくして遊ぶ
[画像:eb3c7620-s.jpg]
いやはやポスターにして売れちゃうなこれは!
 
そしてさらなる極めつけはこれ↓
私のおきにいり♡
[画像:1010d371-s.jpg]

のぞいてはいけないお部屋を見てしまったみたいでしょ、ぞくぞくしながらただ食い気味で見入っていたこの時の私。

できればずっと見てたかったーー
だって、
覗き見と言えば横溝正史の蔵の中、それを思うや逸る鼓動。
蔵の中の物語が眼前の光景に重なるようで、こりゃ淫靡と言う名のロマンティックが止まらない状態。
ゆえに妄想か実際的かわからなくなる結末よろしく、曖昧なエロチックさに溺れたいっと欲を貪りたかったのでございます

…まさかそんな卑しい精神は頂けませんので、現実か夢か第三世界か定かではないそのplayへと、舞い戻って候。

さて蔵の中は、胸を病んだ青年が主人公の元へ原稿を手にやってくる場面からはじまるわけですが。
人間椅子と似ていなくもない話の展開でありながら、全くちがう。
人間椅子が狂った人間の物語とするならば、蔵の中は死にきれず幽霊へと化したものの物語、くらいの差。たぶん。

言いたいのはそこではなく、最大の違いは病みがちの青年の登場である。
天草四郎を代表に、小説あるあるですよ。
影のある少年、とかね。
乙女であれば誰しも抱いたことのある云わば幻想の存在。 

今となっては実際問題、病んでガリガリの骨々おじさんか、病んで多脂肪気味の無駄に色白おじさんしか知らないし彼らをひたすらかわいがる日々。(ちょっと嘘)
私が出会す類いの病んだ中高年の話で今日は、終ワリ。
 

▼気分転換に、
さらに遊郭色町風な色合いにして楽しむ
[画像:232cd302-s.jpg]



初体験。無条件にエロチックな響きをもつ言葉。でしょ? 

いちどそれを経験すると、再びあの衝撃を味わいたい、もしくはあれ以上のナニカがあるかもしれない、と誰しも「初めて(やその頃)」とおなじ衝撃を追い求め続けるふしぎ病みつきの感覚。

ところが耐性ってやつは恐ろしなるかな、初めてと同じままでは衝撃を弱く感じるものなので、必然的に「はじめてを超える」衝撃を追い求め続けなければならず。
そしてそれはそう容易に非ず。もちのろん。
しかしそれでも忘れられないモノ。あの感覚。あの興奮。
あぁあれを思い出すだけでもううずうずする、そんなヒトなんて腐るほどいるでしょう。

一度知ってしまったら
どんな体験であれ感覚であれ、知らなかった頃には戻られないもの。

記憶のなかから流れでてしまったならどうしようもないけれど。
そう記憶。
私が、「こんなの初めて。」なんて清楚系ビッチが演技がましく言いそうな臭い言葉を良しとするのは、より記憶に残りやすいと思うから。

昔から、私と会わなくなったあとを想定して
「どうしたらこの人の記憶に残れるか」とばかり考えていて気づいたこと。

印象的な記憶ほど消えず残りやすく、初めての体験とはそれそのままだってこと。

と、ここまで下書きしていたところで本日の集団調教にてあの台詞を口にしていた人がいたのでした。
タイムリーすぎて口笛ふきかけたのはないしょ。


今日は別にして、
「こんなの初めてでした。」と上気した顔で興奮over気味に報告するパターンと、うわ言のように「初めてで…」と繰り返すぼんやりパターンとが多い気がするな。たぶんな。

初々しさにこちらが満たされるわけでは決してないので、間違っても処女童貞ぶったり純潔を履き違えたりせぬやうに。

そりゃあ、
「こんなのはじめて。」
なんて目をうるうるさせながら、あるいは乱反射のごとくきらきらと瞳輝かせながら綾瀬はるかが言ったのなら、私はもう純潔最高!と手を叩いて喜ぶわ。
そして無言で処女厨になるわ。

この手で私の好きなようにしたい、と望まなくともそう歩んでいる姿を見ていると心のはじっこらへんで、恐ろしさと切なさと心強さを覚えるよ。

image


image



▼これは私のすきな詩から
image


9月も半ば、すっかり秋めいた夜風が心地よいですね。
さて秋深まると私がなにかにつけて情緒を揺さぶりだしますが、
例年どおりセンシティブさに磨きのかかるきせつとなりそうです。


私の日頃生活している大阪の、日本橋finに在籍している琥珀女王さまは美しいお姉様であり、お友だち。 
知り合ってから短くはないと私は思っているけれど、これ幸いなりと嬉しい限り。

さて、とある私の元にやってくるおバカなN死、じゃなかったN氏の話をしましょう。

まだ20代にしてすでにノーマルなセックスなんてできないと言いながら、AFもろくに感じられないでいるような、そして何ができるわけでもないけれどストレッチだけはうまいN氏。むしろN村。

そんな彼が、偶然にも冒頭でお話した琥珀様の元へも馳せ参じているとわかったのはここ最近。

琥珀様と間接キスに似た心地で嬉し恥ずかしい一方、N村とは贅沢な輩だと今まで以上に意地悪心が芽生えてニヤニヤ。2828

なんだかエア3P。
ゆえにいつか三人でプレイできたらどうなるのか、楽しいしかないだろうなーーーと脈絡なく考える私の脳内わーるど。
そして浮かび上がってきた独断と偏見まみれの妄想。

→→私と琥珀様の二人で、「メロンパン買ってこいや」なんて言いながらN氏をパシリにパシらせるという中高生ヤンキーごっこ。(名称仮)
スケバンの格好とかしてみたいんだもの。琥珀さまが完全に似合う姿が用意に想像できて胸きゅん。

校内いじめと言えば、
きゃっきゃと馬鹿にしながら学ランのズボンずらさせたり、性器を蹴ったりと無駄な下ネタいじめは後年、当人の性癖となって現れることが少なくないです。

トラウマから逃れるために、それが快感だっと脳に誤認させるってのは分かりやすい精神作用だなと思う反面、
にんげんはほんとに弱くて図太い生き物だと関心する。自嘲の意味も込めて。


小学5年生でした。
男子と殴り合いの喧嘩をするのはもう無理だ、と力差に敗けを認めざるを得なかったのは。



[画像:70701fc9-s.jpg]




↑このページのトップヘ