亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。

抒情


新年明けましてオメデトヲゴザイマス。
2020年、令和二年も亜きらをどうぞよろしくお願い相申し上げます。

して、この時に一年の抱負を掲げる人は多いでしょうけれど。

辞めたいのに続けてしまう事と、
続けたいのに辞めてしまう事の違いとは一体なんなのか。

辞め続ける、行い続ける、そのどちらものエネルギーはきっと同じものなんでしょう。 

何かを我慢し続けながら生きるのは、本に辛いことにあります。
実に、骨身を削る思い。
苦しみ痛む精神をもってしてまで、人間らしく生きる意味が今でもたまに解らなくなりますね。

私なんぞの魂では。まだまだ。
煩悩即菩薩。
善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。

しかして、
天網恢恢疎にして漏らさず。

正しく生きられたらいいのにな。

自分の感情をすべて抑制して、他者の為に生きるなど私は決して望まない。
自分の直感と感情の流れを滞らせたくない。

誰かの流れと交錯したり搦められたり、迸ったりそんなのでいいやって思う。

24
▲2019年のほんの記録。



BeautyPlus_20200102154846746_save



これからが真冬のはじまりよ。


大人になるのが怖かった。
自立した人間として一人で生きていかねばならぬ、その責任感の重圧に自分が耐えられる想像が全くできなかった。

7才頃にはそれを強く感じてた。
幼かった私は、さらに死ぬ事を死ぬほど恐れていた。
タナトフォビアと言っても過言ではなかった。
大人になるということは死に近づくと等しい、ゆえに大人になる恐怖を強く抱いていた。

夜の眠る前、布団のなかで死を想像しては真っ黒な色に包まれて泣いていた。

夜と死の印象に接点を見いだしていたのだと思う。
ほんとうに変な子どもだった。

その私が今こうしてSMを生業として生きているのは、自然の摂理であると深く思う。
むしろ感謝の念である。
世界へ。世界のSMを愛するすべての人々へ。
そして私を欲するあなた達へ。 


BeautyPlus_20190326200835387_save


一年の終わりが迫って思う世迷い言。








十余年前の十二月十九日、私は決意した。
ひとつかみっつのことを。

今でも覚えているが、それは失ってしまったわけでもなく、ただ水の底で静かに眠ってる。

BeautyPlus_20191219135705372_save

クリスマスだな。
ケーキを死ぬほど食べたい。


呼吸管理と言えば聞こえは何やら格好いいけれど、単に私は苦しそうに喘ぐ姿を見ているのが好き、たまらなく背筋にゾクゾクくるだけである。

曇りいく苦悶の表情を眺めていたい。

いつかもブログに書いた気がする。
幼少期の頃、何も知らず考えず、首が座ったばかりのような赤ん坊だったいとこの頭へ、空っぽになった食パンかのビニール袋を被せたことがある。

当然赤ん坊はイヤイヤと首を振る、その姿がなんとも愛らしくて。
愛らしくて眺めてた。
可愛いなっと思いながら、笑ってた。
私は笑ってた。
愛らしくて。

そこへいとこの母親、つまり叔母が現れ事は終わりを遂げる。
私に対し、人非人へ向けるかの軽蔑しきった視線でもって。

この記憶が、今の私の所謂呼吸管理を好む底流をなしている。

15








18

とても楽しく奇妙な時間だった。
私の実の妹の獅童と、初めての姉妹責めを東京にて敢行したという。

20191210_225846
▲普段は糞マゾな妹が色々な角度からの写真撮ってくれたのも面白い

実はこれ、望んだのは変態の彼。
姉妹というワードが好まれるのは、獅童がバルバラで働いている当時から知ってはいたものの、姉妹責めとは我ら姉妹だからこそできた事でしょう。

最も、当の変態曰く、長い変態人生の歴史の中で、姉妹責めの経験は何度かあったらしいけれど。

しかし思い返すとなお、奇妙だった。

私はもちろん傀儡堂の亜きらであり、PLAY mode Switch ON の状態のはずが妹の存在によって、じゃれつくキッズ遊びのような無邪気さが常に空気として纏っていた。
また空間ここそこに充填されていた。
奇妙な胡乱さ。

なにせ同じ母の腹から生まれてきた姉妹である。
その不思議な感覚のなか、あの時間をさも楽しげに共有できた変態の彼は流石。

20191212_101743


あまり具体的に心象が表せられない。
そんな夜。

ちなみに獅童は、六本木ドルチェにて薫ママのお世話になっているので
出勤は少ないけれど、気になる方はどうぞ一度ドルチェへ。

そして姉妹責めをもしあなたが望むのであれば、傀儡堂または私まで問い合わせを。





精神が自意識が罪悪感が感情が自尊心自制心被害妄想が脳内でクオリア。

自分のそばから離れていったものの実感は、面白いほど自分と外とのあいだに隙間を作る。

隘道。
狭い狭い道がある。
もう自分からは外れてしまった道。
横目でそれをちらと眺めては、暗いむこうの見えない先に嘆息する。
消沈する。
視線が落ちる。
足元まで自分が沈んでいきそうに。

あそこへは行けない
私の辿る道ではない
と、まざまざ新しい現実を思い知るだけだから。

ただこんな風に言葉にして吐き出す事に意味はない。
ひとつも。意味はない。

私の古くからの心癖。
明日には絶対に読み返さない。

でも消えない。
忘れない。

思い出さない。
というのは嘘。

line_173529775027327(1)


何かが変化の強要に迫られる予感がしている。


BeautyPlus_20191207192726346_save

私の後ろに変態がいます。

冬ってほんとに猫肌と人肌が気持ちいいよね、暖かい肌限定。

20191207_192553

これまた私の後ろに変態がいます。


冬はすき。
大好き。
しかし寒さには強くない。

冬がすき。


ひとつの事が終わった。
しかし生き続けている限り、常になにかが終えていく。
諸行無常。

悲しみを抑制する。
ひっそり静まったあとでひとり発露する。
誰かにぶつけるのでなく、己で終わらせる。
内側で。

そんなロマンス映画の登場人物のような感情の行方はそれは美しい。

現実とは非現実的なものである。


20191206_040107
▲私の背中。抱かれたいやろ、そうやろ?

20191206_040024


冬よ。


2019年も残すところひとつき余り。
私は最近思いあたりました。

来年の手帳を買ったのです。

去年から、自分の型から外れる事をあえて選ぶように生きてきました。
 
結局、どうあろうが自分のした行為は自分へと帰結するだけだった。
それまでの慣習から逸れるだけの事になぜ恐れや不安や億劫さが付きまとうのでしょう。

変化を容易く受け入れる事は人間にとってストレスだという一言に尽きるんだとしても、変化する事だけが正しいわけじゃなかったとしても、
まだしばらくは、私は私の向こうの先にいきたい。


15

忘れて欲しいし覚えていて欲しい、きっと正しくは私の望むところとは思い出してほしい。
私を思い出す瞬間を抱いていてほしい。





私はダウナー型人間である。
アッパーな空間にいてさえ、ダウナーへと自分に取り込み浸透させる事ができる。

外へ向けて某か、例えば対人間へと好戦的になるときは、その反作用に過ぎない。

ダウナーでいられないストレス、またダウナーからひとつ横にずれればそれはダウナーではなく、ならばダウナーを求める意味も無くなり、両極端な私はアッパーな行為へと振り切る事もしばしば。

さてここまで述べたところで、潜在的なものと顕在化しているものを、すべて見透すなど意味があるのだろうか?

そしてそれは人間同士のあいだで相互いに見透せるものなのか。

知らぬ。
しかし推し量る、という心理的行為が私は好きだ。

IMG_20191123_125331_708

▲Fucking Lipsである。

私の事が欲しいなら欲しがり続ければいいと思う。
ここでこちらを推し量ろうとする行為など無意味に等しい。

与えられないかも知れない、そう思えば思うほど欲しがり続ける人間は多い。


そういう人々はきっと、危うさのない関係性や行為には飽き飽きしているのでしょう。



20191119_231158
BeautyPlus_20191120035820773_save
▲いつかの様子。


しかし私はダウナーなのである。






↑このページのトップヘ