亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。

抒情


やっぱり、死ぬ理由がわからない。
いずれ死ぬのに生まれる意味がわからない。

そんな思いを、ナイルの死と、母親の命日をと迎えて考え耽ったりした一月の終わり。

しかし私は以前このブログに書いたとおり、ナイルを初めて見たときに死を、命の終わりを感じる姿に惚れたがゆえに動物園に通ったのだ。http://jojoh.blog.jp/archives/28802732.html
(ナイルについて書いたブログ)

2019年のうち、京都市動物園へ足を運んだ回数は14回。
最期を見届けたかった。
今際の際と知ってから三度涙したものの、やっと楽になれてよかったねと安堵したのも事実である。

いずれ生きとし生けるものは死ぬ。
それならば自分の世界だけは決して失うことないよう大事にしていきたい。
私は。


さて、そんな私に惚れこんでいるある男との夜のこと。

04

私が彼を虐げるのは31回目だったという。

プレイなのかセッションなのか調教なのか、呼称は私はどうでもいいと思っている。
ただ私の事が好きなのであれば、それを身体で伝えてみろってだけの話だ。
そしてどこまでもついてきてみろ、とも思う。

昔から頭のおかしかった私は20歳時分の頃、私の事が好きならばそれを伝えてほしい、と付き合っている男に煙草をおしつけたり、煙草を食べる事などを強要していた。

結局私のSMはその延長線にあるのであろう。

20200211_212848

▲半泣きで私へ近寄ろうとしてくるこの姿は、とてもいじらしかった。


そしてさらに打擲したくなる。



おわり。




同じ行為のはずなのに、違和感を覚えるときのフラストレーションがきらい。

これじゃない、
だけど何が妥当なのかわからない。

だから暴力的になる事もあるのかもしれない。
一方向的な暴力行為。

それでいて、甘んじて受容するしかない人達を私は憎まない。


IMG_20200129_014753_929






最近なんとはなしに目にし耳にして心に残った音楽の話。


20200128_023216

▲Dimitri Vegas & Like Mike,Era Istrefi/SelfishのMVhttps://youtu.be/OdTMyWnlSjg

鯨が空を泳いでいたらとても美しい、と一度ならず空想したことのある私が思わず涙しかかった映像。

現実的にもし起こり得たとしたら、息を飲んでただただ見つめる。
そして世界に神に宇宙に感謝するでしょう。
あぁ
絶対に有り得ない、となぜ言い切れるの?


▼続いて
Jason Derulo & David Guetta Featuring Nicki Minaj & WillyのGoodbyehttps://youtu.be/kUjKxtJd21Eを初めて耳にしたとき、なぜかとても感動して心が透きとおる感覚だった。
しばらく聴いていて、すぐにその理由がわかった。
Sarah BrightmanのTime To Say Goodbyeのサンプリングである。
感動して至極当然。

天使の歌声と呼ばれるサラ・ブライトマン、ライブにも足を運んだことがあるくらいには好き。
彼女の歌うヘンデルのリナルドはまた美しい。

日常での些細な背景や横切っただけのものだとしても、自分の琴線に触れるものが隠れているかもしれない。
そしてそれを決して見逃したくない。
貪欲でいたい。


それだけの世迷い言。






触れた素材感、着心地、繊細な美しさ。
自分だけの満足感に浸れる、他人からは見えないアンダーウェアゆえの美しさに惚れて、私は十代の頃よりランジェリーが好きだ。



31

なぜ変態はピンクを好むのだろう。
愛おしさと嘲笑と。


20200118_184713


もっと、もっと。
もっと先へ。






御歳74。
年枯れた御仁の、死を背にしょっているかの老いた色気がたまらなく好きだ。
麿赤兒しかり、仲代達矢しかり。

このたびは田中の話である。
しかしほんとうにエロティックだったのだ。
どうしようもない恐怖、この人は影に同化すると思える不安、仄かな照明でうっすら見えるあれは手だとわかった瞬間の怖さ。
怯懦。
だけどずっと体の内側が熱くて、脊髄あたりが熱をもってるみたいで、寒気は一つもしなかった。
その後の優しい音楽で真剣に恋をした。

ただずっと左片隅は真っ暗なままで、そこへ目を向ければまたあの人は消え入りそうだった。

中心がずれていく。

この衝動をどうしたらいいの。
胸を衝く。
久々にそんな感覚に陥った、とても愛しい。


line_436803910078146



こんなものは書き殴りだ。
衝動をどうにかしないと、私の頭が脳内が断線しそうなだけだ。

枯れ死んだ木に畏怖の念を抱く気持ちと似ているかもしれない。
どうしてすでに死んでしまっているのに、もう死んでしまった姿で世界に存在しているのかがいつもわからなくて怖くて、敬う思い以外沸き上がらない。


16


雪でも降れば感傷に浸れるのにな。


死んだら救われる。
そう思って死にいったのか、今ではわかろうはずもないけれど、死んでまで苦しまれたら生きてるこっちがしんどい。

いずれ我々もそっちに行く側であるのに、死で別たれるこの違いは死ぬほど大きい。

いない事が当たり前になって、たまに思い出すだけになっていって、死んだ日に涙する。

馬鹿みたい。

自分が死んだら忘れられるのが怖いのじゃない。
ただただ全てが終わることが怖いだけ。


それでも生まれくるときには勝手に生まれさせられてきたのだから、やはり死は自分で選びたい。


52







思い出す。
ひとつひとつの感覚、脳内に浮かび上がるそれ。

ほんとうに大切なモノは目に見えない、星の王子さまに登場するキツネはそう言った。

五官で記憶してるそれらなんて、きっと必要ない。
生きていく上で必要ない。 

キツネの言う大切なものは、もっと心のなかの話。

身体の記憶が脳に連動しても、心豊かにするとは限らないかもしれないじゃない。

知らないよ。


line_436806278711791




私は忘れる。









ランジェリーの言葉の響き。
透きわたる鐘の音のようでしょう。
私はレースをとてもとても深く愛しています。
あの触れたら消え入りそうな繊細な存在。
どうかするとすぐに破れてしまう儚い美しさ。

女性らしさに見合った美しさだと思っているけれど、そんなランジェリーを愛する変態の彼と先日遊びました。


BeautyPlus_20200113103047579_save
BeautyPlus_20200113103115877_save
 
▲私の身につけたランジェリーはイタリアのLa Perlaのもの。
レースと言えばフランスとイタリアですもの。

BeautyPlus_20200113103155216_save

女装趣味として女性用下着を着用する変態はままいるけれど、レースを理解したランジェリーフェチの人間は珍しく思えたし、嬉しくもあったというお話。







体のどこかが欠損している、または著しく残った傷の痕が好きだ。

昔から。
以前にも書いた記憶があるけれど、はじまりは火の鳥鳳凰編の我王である。
片腕しかない我王が、物語の末に、残された片腕までも切り落とされるあの場面がたまらん。息も荒げる。
目玉から脳天へ突き抜ける衝撃と快感。

しかし初めて実在的な存在として、その対象を認めたのは中学一年の時。
陸上部の市大会か何かで、短距離選手だった私が目を奪われたのは長距離レースが開始される直前。
左手首から先のない選手だった。
白い肌に映える黒のユニフォームをとてもよく覚えている。

正直のところ相貌は失念しているけれど凛とした立ち姿で、無い手首の先を目にした瞬間、見てはいけないものを見てしまった気がして小さな、しかし確かな興奮を覚えていた。

懐かしい。
ひどく懐かしすぎる。

目で追いかけながら、どこの誰なんだろうなんてひとつも思考に浮かばなかった。
ただずっと視界の向こうで、走る姿を眺めていたかった。

彼女を目にしたのはその一度だけ。
あれ以来、何かと私の好む人達に出会ってきた人生だと思う。

小指のない人、びっこを引く人、義眼の人、義足の人、腕がない人、事故で腹の脂肪の削げた人。

欠損部位に舌を這わせたり、義眼のはずしたガランドウに指を挿したり、肉の削げた痕を指でなぞったり。

背徳感に似たあの淫靡は一体なんなのか。

 さらに私の、背筋ぞくぞくさせるに至る話をまたひとつ。

義足をはずした人達が義足をはずした為に、ぴょんぴょん片足ではねたり、匍匐していたり、いざり歩く姿というのは、背骨から子宮へ何かが伝い落ちては這い上がっていく。

あぁ。絶対に私のものにならないで。
そう切に願うほどの恍惚。
この意味わかる?

きっと伝わらない。
ゆえに今は割愛する。

記憶の片隅の話。

今にも繋がる話。

line_436019120582195


幼少期の大火傷でひきつれた皮膚、まるでスモークハムの様相。
触れたらつるんつるんとセルロイドのよう、偽物みたいなその肌が、今とても気にいっている。





呼び合っているな、と感じる時がある。
呼応している。
そういう感覚が、好きだ。

 私は水を途方もなく愛しているし、その理由を幾つか並べ立てる事もできるがそもそも、水から愛されることが無いからこそ愛しているのかも知れない。

水のなかにいる。
冷たい、胸に滲みる冷たさ。
目を閉じて想像する。

自分のなかがすべて水で浸されているようなイメージではなく、自分のなかを水が流れ過ぎていく。
このような想像に近頃変容した。

川の流れが自分を通過するように、透っていく。
これが心地がいい。














自分の意思を持つ意味あるか?
鬱陶しい。
すべてゆだねろ。
 
20








↑このページのトップヘ