亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。

抒情

先日、生クリームメッシー撮影を行ってきました。
ウェット&メッシー界の生クリーム部長との撮影は、4回目。

大阪はラクリマで働いていた頃からお世話になっております。

日頃から食べるのが大好きな生クリーム。
どろどろ溶けてくまっしろなそれにまみれる楽しさったらもう!

完全なる生クリーム部長のフェチの世界に、私がお邪魔している感覚です。

テレビでたまに見る顔面ケーキも、WAMのきっかけとして耳にしますね。
可愛い女の子が汚れていくさまは、尊いのです。

写真の一部を。

20200913_162820
20200913_142025
20200913_141530
20200913_143458
20200913_165255

バルバラのりひぴっぴが、ちんまくて生クリーム映えする可愛さでした。

20200913_141915


改めて生クリーム部長に感謝。



ひそかに私はグミのお風呂に浸りたいと昔から思い続けてる。
クマや星やアルファベット型したカラフルなグミ。
ぷにふにした感触。
グミって愛しい。
そういえば、グミベアーのチョコレートがけを最近見なくなりました。

さみしい。











30

秋の亜きらです。

日ごと秋めいてきましたね。
栗の花の匂いが精液と似た匂いというのはよく知れた事だけれども、
金木犀の香りは懐かしさと情感の溢れた匂いだと思ってます。

娼婦と淑女の間?

その両極端な振れ幅さえも兼ね揃える人間も存在するでしょう、
人間とは多面的な生き物。
その全てを明らかにしようとするのは野暮でしかない。

わかっているのに全てを知りたくなるのもまた、人間たる所以かしら。



20200911_093923

ある日の日常。











「からあげクンください。」
ある時、この言葉が言えなくなった。

そもそも"からあげクン"を求めてローソンに入店しているのであるが、からあげクンの為に私はローソンに来ましたよ感は一切出さず、もとい出せず、適当な商品を手にしレジに向かう。

さぁここでレジの店員さんに向かって言い放つ、件の「からあげクンください」である。
妙な恥じらいが私を侵食し、からあげクンくださいを言えない呪文にかけられたとしか言いようがなかった。

(からあげクン…)
私のなかのホットスナックの帝王、ガラスケースに並ぶ赤黄緑その他の色に収まったからあげクン。
とてつもない思い残しとともに私はローソンを去る。

果たしてからあげクンを購入できねば、からあげクンを口にすることができない。
そんな時期を数年過ごしたあの私は何だったのだろう。

今日も無理だった、そんな諦念感を背負い自分の不甲斐なさに自己嫌悪していた私。
手に入らないものはさらに欲求が高まるもの。
恋しからあげクン。
そんな思いも薄れいった頃、またからあげクンとともにおやつタイムを楽しめるようになったのは最近です。


それだけの話。
ふと思い出しただけ。

35
マスクで荒れた顎と、痒みの呪いをかけられ掻きむしったあとの肌。



ちなみにからあげクン期間限定味なら、私はシークヮーサーなどの柑橘系がすき。





















耐えられない。
耐えたくない。

欲しいものが手に入らない。
欲しい言葉を与えてもらえない。

自分本位。
独りよがり。

ここから動けない。

BeautyPlus_20200901204316234_save


そんな夜もあって然るべき。
すべてに誠実にまっとうにいられるなんて、それこそ気が触れてる。

ただ、好きなものを好きと慈しむ思う心だけは忘れたくない。










20200916_122133
きらきら透けて綺麗。
ぽわぽわソーダのなかの泡は可愛くって、溶けてくクリームのどろどろは切ない。

クリームソーダは宝石です。


1600237044234


久しぶりに海とセックスしたら、脳内から子宮まで水に犯されて、浸された。
とても気持ちがよかった。

この感覚、知らないでしょう?
自由な身体なのにそこから動けなくなる、あれに似てるかな。







































眠ったら忘れるの?
私のこと?


55




─────────────────

京都バルバラYOUTUBEチャンネル


 亜きらモチーフのTシャツ販売中♡
 ▼Suzuri



 会えない時間に私を応援したいあなたへ
 ▼Amazon ウィッシュリスト











窖って言葉が好き。
あなぐら。

狭い場所って安心する。
土の匂いと感触は精神まで作用する。
心が落ち着く。
心身浄化。

私の前世、種か根っこかしら。



 BeautyPlus_20200915225751656_save


埋められたい、とか思うんでしょう?















見失いそうになる。
ここを。
今の立っている場所を。
見えている景色を。

少し視線を動かせば、見える景色で「あぁここだった」と気づく。
気づいてそして、ここでよかったのか?とまた不毛な疑問が沸き上がる。

それに触発され、ふつふつと熱気でもって沸き上がりそうな激なる感情を抑え込む。

心のうちでは静かな水を求めながら、体内ですべてを不透明に不鮮明に澱ませる濁流を待ち望んだりする。

無い感情を有るかのように振る舞う事はできても、有る感情を無いものにするのは難しい。

20200728_141132
この水の輪、美しい。


20200802_152745


明け方の白い月を眺め続けるのが好き。
少しずつ動いてくのがわかるから。











秋の匂いがしたので、
何もしたくなくなりました。
暴力性が潰えました。
優しくもなれません。

20200913_114018


有機と無機の境目に戻りたい。







季節の変わり目って、心がぐにゃぐにゃする。
わかってるから、チョコレート食べて精神を放出させましょうね。












大丈夫。
私はいつも自分にそう言い聞かせてる。
だって自分さえ自分を励ましてあげなきゃ、大人の世界はそんなに温くない。

大体が人生のうちで気が狂ってないときの方が少ないし、私は。
今はあまり気が狂ってません。
正気の沙汰です。割りと。
だからたまに息苦しい。
ごぼごぼ。

眠りに落ちる際、優しくぽしゃんっと水の音が耳元で聞こえるあれがとっても好き。
安心して眠りにいける。
ごぼごぼは苦しい、ぽしゅん、は優しい。


BeautyPlus_20200912022245894_save



助けてって言わなきゃ、口に出さなきゃ助けてもらえない。
救われない。

これは世の真理。


だけど、救われ終えた瞬間、すべてを忘れる。















↑このページのトップヘ