体のどこかが欠損している、または著しく残った傷の痕が好きだ。

昔から。
以前にも書いた記憶があるけれど、はじまりは火の鳥鳳凰編の我王である。
片腕しかない我王が、物語の末に、残された片腕までも切り落とされるあの場面がたまらん。息も荒げる。
目玉から脳天へ突き抜ける衝撃と快感。

しかし初めて実在的な存在として、その対象を認めたのは中学一年の時。
陸上部の市大会か何かで、短距離選手だった私が目を奪われたのは長距離レースが開始される直前。
左手首から先のない選手だった。
白い肌に映える黒のユニフォームをとてもよく覚えている。

正直のところ相貌は失念しているけれど凛とした立ち姿で、無い手首の先を目にした瞬間、見てはいけないものを見てしまった気がして小さな、しかし確かな興奮を覚えていた。

懐かしい。
ひどく懐かしすぎる。

目で追いかけながら、どこの誰なんだろうなんてひとつも思考に浮かばなかった。
ただずっと視界の向こうで、走る姿を眺めていたかった。

彼女を目にしたのはその一度だけ。
あれ以来、何かと私の好む人達に出会ってきた人生だと思う。

小指のない人、びっこを引く人、義眼の人、義足の人、腕がない人、事故で腹の脂肪の削げた人。

欠損部位に舌を這わせたり、義眼のはずしたガランドウに指を挿したり、肉の削げた痕を指でなぞったり。

背徳感に似たあの淫靡は一体なんなのか。

 さらに私の、背筋ぞくぞくさせるに至る話をまたひとつ。

義足をはずした人達が義足をはずした為に、ぴょんぴょん片足ではねたり、匍匐していたり、いざり歩く姿というのは、背骨から子宮へ何かが伝い落ちては這い上がっていく。

あぁ。絶対に私のものにならないで。
そう切に願うほどの恍惚。
この意味わかる?

きっと伝わらない。
ゆえに今は割愛する。

記憶の片隅の話。

今にも繋がる話。

line_436019120582195


幼少期の大火傷でひきつれた皮膚、まるでスモークハムの様相。
触れたらつるんつるんとセルロイドのよう、偽物みたいなその肌が、今とても気にいっている。




ご予約、お問合わせは『SMクラブ傀儡堂』まで
kairaido150x45   ☎075-353-6584 

女王様データベース☆ランキング参加中!
qdb150x45   クリックして『入場』すると亜きらに1P入ります❤ 

飲みながら話したい方は『京都バルバラ』まで
barbara150x45   ☎075-525-3018