水と火。 
清浄なるものでありながら、甚大な自然災害をももたらすもの。
まさに畏怖。

私は畏怖の念というものがとても好きだ。
怖れ敬う。

そして森羅万象を感じるとき、自然に生かされていると胸に迫る思いを抱く。

風、陽光、草木、夜、月、星、土、川、それらすべての感触と匂いと音の心地。

感覚器官たる五官が粛々と生身に感じられるとき。

美しい。 
自然世界は美しい。とはまさに地球は美しいと呼ぶに等しい。
人間であるがゆえのこの衝き動かされる感性なのだとしたら、人間である我が身ももはや美しい。

夜を吸い込めば夜を吐息のように吐き出すし、星月夜が降りてくるようにどうかすると夜に同化する。
 
木々の葉影と星月夜。
ゴッホとムンクの星月夜を愛する私は、脳内射精不可避の自然絵画である。


jpeg

jpeg-5

jpeg-4

すべてを内包する夜はすき。
すべてのはじまりの朝もまた美しい。


ただでさえ感じ入りやす私が一際、世迷う夜の森。

ご予約、お問合わせは『SMクラブ傀儡堂』まで
kairaido150x45   ☎075-353-6584 

女王様データベース☆ランキング参加中!
qdb150x45   クリックして『入場』すると亜きらに1P入ります❤ 

飲みながら話したい方は『京都バルバラ』まで
barbara150x45   ☎075-525-3018