浅はかな人間ではいたくない。
思慮深い人間でいたい。
だけど自分の感情と直感は確実に逃すことなく捉え続けていたい。

何かに思わず後悔したときに、誰かのせいにしたくないから。
あの時の自分がそう決断したことなら仕方ない、そう思える自分でいるため。

涼しい秋の夜長と思い、久方ぶりに走ったら気持ち良すぎて死ぬかと思った。
もっと涼しくなっていい。
冷たい空気を胸に吸い込みたい。

脳みそ冴えるあの感覚。
冬が今から楽しみでどうしようもない。

思うこと。
できれば指一本触れたくない。
指一本触れずどうにかなればいい。

だけど催眠とか脳イキとか、そういうのじゃない。
テクニックの話じゃない。

ただ感情だけで私へのレスポンスを示して欲しい。

だから、猫を見てると私はどこまでも愛しい。
あぁ、撫でて欲しいのね。
とか
ごはんが欲しいのね。
とか
言葉のない感情の表し方。

遠いそこからでもわかる、背中で物語るエネルギーの放出性とか。

BODYという映画の、ウィリアム・デフォーとマドンナのセックスシーンをぼけっと見てた。

マドンナがサディスティックな女性役の、チープな映画だったけど
ベルトで締め上げた彼に蝋燭垂らしたりワイン垂らしたり、
「My way」と囁くマドンナは美しかった。

それらは愛しさの上の行為でしかない。
セックスがゴールだから。

愛と言う名の性行為とSMを別としたとき、
感情とSMは交錯できるのか?

成り立つわ。必ず。

痕をなぞって愛しさを覚えはじめたら、それはもう病。知らんけど。


1558150171631




ご予約、お問合わせは『SMクラブ傀儡堂』まで
kairaido150x45   ☎075-353-6584 

女王様データベース☆ランキング参加中!
qdb150x45   クリックして『入場』すると亜きらに1P入ります❤ 

飲みながら話したい方は『京都バルバラ』まで
barbara150x45   ☎075-525-3018