着地点が違えば、そこに到達するまでの岐路が変わるのも当然。

同じχを起用したとしても、与えられる側が違えば、結果が変わるのもまた道理。

何が言いたいか?
SMプレイにおいて、何が好きですか?と聞かれるのをいちばん好まぬ。

私の事が好きで、私の存在を求めている、という大前提でなら話は別だが。

しかしそうも言ってられないのがこの御時世。
基本的に、行為で話すのなら縄と呼吸管理、そして打擲がすき。と言うべきであろう。
どこまでも見下げたい。
男性性の欲とその象徴であるちんこを。

しかしそんなの私の気分と相手が変われば、通らなくなるのだ。 

私の手で操作性の良い、と思える行為を経てのSMプレイは楽しい。

相手に考えさせる時間を与えるのも好きだ。
冷静に、冷静に、どこまでも冷静に、自分という人間について内省すればいいと思っている。

もちろん私達はプロである。
君=君
ではなく、
君=君+χ 
へと導けたら、これほどの気持ちよさはない。


14

痛みが気持ちいいのではなく、その人からの痛みであるから気持ちいいのでしょう?

これへの答えの如何によっても、ここからはじまるSMプレイはまた変容する。

どれが良い、悪い、ではない。
心地のいい空間でいられる相手が必ずいる。私はそう思う。

欲しがり続けること。
それだけ。



ご予約、お問合わせは『SMクラブ傀儡堂』まで
kairaido150x45   ☎075-353-6584 

女王様データベース☆ランキング参加中!
qdb150x45   クリックして『入場』すると亜きらに1P入ります❤ 

飲みながら話したい方は『京都バルバラ』まで
barbara150x45   ☎075-525-3018