初夏の風感じる肌に心地よい季節ですね。
心にも。
新緑と青空の色彩のコントラストは、見ていてとても気持ちが良いです。

しかしそれとは裏腹に、明るい、明るすぎる青空を目に映せば映すほどに、自分の内側で暗ずむ何かを抱く、そういう生き物が私。

過去を引きずるとよく言うけれど、私は過去に引きずられている。
そんな思いでずっと生きてきたものの、ここしばらくはそれが、過去を内包した現在を歩けていたのだ。

ところが、ふとした時に不覚にも思い出される何かのいつかの瞬間。
即座に過去の自分と映像が戻ってきて、まるでそこにいると感情さえ生々しく甦って感傷に凭れる。
あぁ面倒なことこの上ない己。

内包されたはずのものが、澱か埋火のように残ったままでいるんだろうな。
誰にでもある事であろう。

しかもそれは悲しみばかりじゃなく嬉しい感情にも等しく起こり得る。

あの時の感動をもう一度、ではないが、再び経験できる思い出、とすれば悪いばかりじゃないかもな。

そんな風にいつも、景色や匂いや街音や群衆を感じながら歩いてる。

夜の散歩を久しくしてないな。
煩雑な街でこそ誰もいない夜の道をひとり歩くことの意味が見いだされると言うもの。
元より静かな街である京都では、ただ風情ある夜の散歩に成りかねぬ。

自分の存在が浮き立ちすぎる。
たまにそんな気分にさせてくれるから嫌いじゃないよ京都は。

まだまだ出会えてない縁があるだろうに、私はしばらくここにいます。


BeautyPlus_20190513092548676_save

約束しなくても会えるよ、という魔法のコトバを私は信じていたい派。
ご予約、お問合わせは『SMクラブ傀儡堂』まで
kairaido150x45   ☎075-353-6584 

女王様データベース☆ランキング参加中!
qdb150x45   クリックして『入場』すると亜きらに1P入ります❤ 

飲みながら話したい方は『京都バルバラ』まで
barbara150x45   ☎075-525-3018