私が小学生の頃好きだった歌を、久しぶりに聞いたらやっぱりすき。
眠り歌のような、揺籃のような心地よさ。
ゆーみんが歌うやつ。

誰かと眠るとき、心臓の鼓動の音が聞こえると安心するし、それが自分の鼓動と重なってどっちがどっちの音かわからなくなる瞬間を思い出す。
心地よくてふわふわ。
胎児の頃の記憶なのかなって少し楽しい。

安心したいんだな人々は。
一人の人間ともう一人の人間のあいだには、細胞すら行き来するくらいくっついたってひとつになれない壁があるから。
さみしいから。
夜が暗いから。
いつか死ぬから。
こわい。不安。そんな怯えをうそみたいに消してくれる安心感、いいくすりです。

安らぎ。そよ風。
しかし安心感と刺激を同時に手にすることって、たぶんできない。
対義語でもいいくらいと私は思うくらい。
の、はずなのに、苦痛や責苦を甘受したその後で、安らぎに抱かれたように安らかな顔を見せる人達が多からずいるね。

大泣きしたあと眠くなるようなものかしら。


[画像:5386a9bc-s.jpg]



ご予約、お問合わせは『SMクラブ傀儡堂』まで
kairaido150x45   ☎075-353-6584 

女王様データベース☆ランキング参加中!
qdb150x45   クリックして『入場』すると亜きらに1P入ります❤ 

飲みながら話したい方は『京都バルバラ』まで
barbara150x45   ☎075-525-3018