亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。


霞立つ春。
物憂いもいよいよ募るばかりの頃、先の夜に初蛾を見かけ、少し心踊る思いと相成りました。
亜きらです。
 
翌日ふと思い立ち、午前の散歩に出かけたところ、ついに桜もぽつぽつと花開かせておりました。
はて景色よりも胸が苦しくなるのは、花の香りがうんざりするほど甘く漂うときだと気づきました。

甚だうんざり。
しかしてたおやかなる桜の花かな。

春って白いでしょ、呆けてるでしょ、惚けてるでしょ。
人々も街も空も。
夕方の、暗い水色に包まれるあの時間だけはこの季節で唯一すき。
さらに胸の切なさはいや増すんだけれど。

感傷的にもほどがある自分に辟易しながら、今夜もまた自分を愛す。

Screenshot_20190224-235449_Vertical Text Viewer
宮沢賢治の詩でいちばんすき。
心にこんなにも清涼感をもたらしてくれる詩って他にない。

Screenshot_20190224-235424_Vertical Text Viewer


言葉はいいよね。
言葉だけで濡れることができる私をなんと呼ぶか?





「aegri somnia」
私の体に彫ってる言葉のひとつ。
病人の見る夢。
単純に好きな言葉なので、これは二ヶ所彫ってる。

あえて教えるものでもないけれど、何を彫ってるかたまに聞かれるのが面倒なのでここに綴る。

深い意味はありません。
楽に生きたいがためのおまじない、とでも言えば伝わるかな。

あとは、「まことの安らぎは地上になく」
「私が地中に埋められるとき神は救いたまう」。

それから母の命日と、金子みすゞの詞。

どれも上に記したのと同じ、楽に生きるためと死ぬのは怖くないよっておまじない。 

死生観。
体をキャンパスにしたかっただけ。
好きな絵や言葉に彩られた自分って、最高でしょ?

BeautyPlus_20190321203059157_save


どこに何が描かれているのかは、自分の目で確かめてよ。







どうして春を嫌悪するのか、思い出してしまった。
だからなんだって言うのか。

抜け出したい。
飛びはねて
飛びこえたい。

そんな思いに駆られたって、私は私だから。
どうしようもない。
暗がり、暮明、沈みたがり。

この思いを誰かにぶつけたい。
ぶつけるだけでは一方的すぎる行為であるなら、何かを壊したい。



21

どこかの掃き溜め。
誰かが誰かの掃き溜めになればいい。













Twitterにも数枚載せたけれど、或る一日に私の個人的な趣味の撮影をしてもらいました。

超格好いい。

BeautyPlus_20190321204313469_save
BeautyPlus_20190321204504250_save

私は我が儘だからなんでも欲しいものならどこまでも欲しいし、かと思えば欲しいものだったとしても欲しがっていない時なら手にしたくない。

要らなくなったものは瞬時に目の前から消したいし、だけど手放したものには私を覚えていてほしい。

忘れたいことと忘れたくないこと、忘れてほしいことと忘れてほしくないこと。
この領域を押しつけがましくも強要する場合もあるし、でも絶対人には強要されたくない。
ジャイアンなの。
俺はいいけどお前はダメ、俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの。
ジャイアニズムを愛してる。

しかしそんな個体性を失くしてしまいたい、とふと考える日もある。
自分を忘れたくなる時ってあるでしょ?
顔面を覆う写真撮影は、この自分への倦み疲れをも内包してくれるものだと感じた或る日の午後。

BeautyPlus_20190321205122770_save

BeautyPlus_20190321203848157_save

戯れ事。
某かからの解放。
どこで自分と折り合いをつけるか、それってSMであろうとカラオケであろうと眠りであろうと瞑想であろうと、手段は違えど皆救われたいと言ったならば、すべておなじでしょう。

BeautyPlus_20190321204829416_save

春はあけぼの。やうやうしろくなり往く、山ぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる、、とな。そんなの知らねえよ。


春は朧月のはずなのに。
朧は春の季語のはずなのに。
やたらと月があかるくて鬱陶しい。
何度も話してるけれど、私は童話のようにか細く白い三日月か、てっぺんに小さくある月しか許せない。愛せない。
見上げた時に遠く真上にある月には、ここは底だっと思えて安心できるから。
自分が取るに足らん存在なんだと体感できる時なんて少ないから、今の世には。
いや今じゃない世を知らんけど。

承認欲求の主観だらけがぷわぷわ浮いてる、そんな風。
もちろん私だってそう。
ただ目の前の事だけに、自分だけの内側の世界でだけで生きていたかったけれど、社会的な生物である人間として生活していくということは。
他者との協調とコミュニケーションが否応なく必要で、その折衝のうちに自分の何かが変容していくことはままある。

矛盾とか惰性とか諦念とか、色々を噛み千切って無理に飲みこんで、思わず嘔吐した時の吐瀉物に過去の何かを見つけるんじゃないか。
 
ただの無駄な思考。
春だから。
十年前と違わず春に沈む私は馬鹿なんだろう。
でもそれも人間という生物だから。ってことにして本日の世迷言はおわる。

実に人間的。

19


夜が終えて安心するときと、朝がきて落胆するときの違いって、心の差ってなんなんだろうね。








↑このページのトップヘ