亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。

たんじょうび。
足を運んでくれた方、お祝いのメッセージくれた方、みんなおTANK YOU♡

去年よりもひとつ出来ることが増えてたり
一昨年よりも少し自分のこと好きになれてたら、
それでいいなっと私は思う。

反面、昔はできていたことができなくなってしまうのはとても悲しい。
然しそれも起こりうること。けっこうな頻度で。

生まれたら、そこから数えられていく自分の生きてきた年数。
自覚がなくてもその頃になれば発情して子孫を残していく動物と違って、

ヒト科は意識していないと、この年齢では何をする、ってことが見えなくなっちゃうんだろうなって。


見えなくなると、動物と同じになるのかと言うとそれは違って、
きっと動物になりきれなかったヒト科か
ヒト科になりきれなかった動物、のような様相を呈して生きるのは嫌だなってよくわからないはなし。

私は、たぶんここにいなくても私だけど
みんなにお祝いしてもらえる私はいなかったはずだから、
今の私は幸せ。ってことだな。

かしこみかしこみ。

[画像:acc96867-s.jpg]


年末にかけて、年忘れSM忘れないようにしなきゃね。

私が小学生の頃好きだった歌を、久しぶりに聞いたらやっぱりすき。
眠り歌のような、揺籃のような心地よさ。
ゆーみんが歌うやつ。

誰かと眠るとき、心臓の鼓動の音が聞こえると安心するし、それが自分の鼓動と重なってどっちがどっちの音かわからなくなる瞬間を思い出す。
心地よくてふわふわ。
胎児の頃の記憶なのかなって少し楽しい。

安心したいんだな人々は。
一人の人間ともう一人の人間のあいだには、細胞すら行き来するくらいくっついたってひとつになれない壁があるから。
さみしいから。
夜が暗いから。
いつか死ぬから。
こわい。不安。そんな怯えをうそみたいに消してくれる安心感、いいくすりです。

安らぎ。そよ風。
しかし安心感と刺激を同時に手にすることって、たぶんできない。
対義語でもいいくらいと私は思うくらい。
の、はずなのに、苦痛や責苦を甘受したその後で、安らぎに抱かれたように安らかな顔を見せる人達が多からずいるね。

大泣きしたあと眠くなるようなものかしら。


[画像:5386a9bc-s.jpg]



たまにバルバラにてセックストークが盛んな夜がある。
最後にしたセックスはいつ?なんて問われると遠く忘失した記憶は役立たず、
最後に海苔弁食べた日を思い出す方が容易だってはなし。

今までいちばん気持ち良かったプレイまたは性体験は?ってな類の質問ももはや倦怠、飽き飽きでしょ?
それに今のいまがいちばんでなきゃ私はやだ。
自分にとっても相手にとっても。

ただ忘れることのできない感覚なら、ある。
もしもそれに執着したり追体験したがるとすれば、本質的なマゾヒスティック性となるのかもしれない症候群。

実は、私は海とセックスしたことがある。 
なんてなことない、夕日迫る波打ち際に友だちと足をのばして座っていると
ちょうどお臍あたりまで押し寄せる波が引いては返し、またお臍まで濡らす。
その感覚がまさに「あ。わたし、セックスしてる!」
と思わず叫ぶくらいめちゃくちゃ気持ちよくて、見ると友だちも同じ感覚を共有してるってすぐにわかった。

ほんとは同じじゃなかったにしても、こっちが共有してるって思えるだけでそれはもう同じこと。 
海とセックスしてる感覚と、それを友だちと共有してる感覚、どちらも私にとって受動的な最高の快感だった。
今でも。

脳みそなんて低スペックなハードだから、なんでも人生すべて思い込み。
だって、私たちが私たちでいられるのも記憶の蓄積された構築でしかないと思うもの私は。
自我なんてあやふやなもので、これは自分の記憶なのか誰かの記憶なのか、定かでなくなるような記憶のすり替えもよく起こるはなし。 

自分自身を忘れたら、それは私と言えるのか、と無駄に考えたこと数億回。

記憶喪失になったとして、それまでの自分と、そこから構築される自分とを比較するための実験があればいいのに。

要はセックスもとい性的行為なんて思い込み、ってことよ。 
脈絡ない話を脈絡なく終わる。

[画像:88d6cc8e-s.jpg]






めちゃくちゃ落ち込んでいるときに、「虫と自分の存在の違いってなんだろう。」って哲学った事がある。

帰路をとぼとぼ行く途中、煙草を吸うため立ち寄ったコンビニでの話。
コンビニの壁面ガラスにくっつく、ミドリ色した羽虫を見つけた。
意味もなく夜の灯りに集る虫たちとは違って、ただじっとそこにいて、もしかしたら昆虫だったかもしれないミドリのはじめて目にした虫。
煙草を吸いながら、なんとなく見るともなしに見やっているうちに、この虫と私の違いってなんだろうって思った。

地球に存在する生物としての違いとかでなくて、この世界にいて何が違って私は虫じゃないんだろう。といった、子どもじみた哲学的な素朴な疑問。

悲観的な心境だったので、そんな言葉が脳内に浮かんだのだろうけれど。
その時分かったただ一つ確かな違いと言えば、虫はこんな疑問抱かないってこと。

知的生命体なんて、SF小説なんかでしか見ない言葉だけどそんな単語を思い出してた。

私がこっちの側で、あなたがそっち側なこと。
それになんの意味もなく、ただそうあるだけってな話。


[画像:534d2ee0-s.jpg]

▲この引用は、私の心の詩人、リルケから。


久々にAダルト作品を見てムラムラきちゃいまして。

題名は恥ずかしいので伏せるけど、元セクシー女優の琥珀うたちゃんが主演の作品。

なんとなくCSで放送しているのを見ていたら、チャットをとおしてバーチャル主従関係のもと、実際的に奴隷側が命令を実行する話で。

ストーリーも展開も音楽も劇的なのでついつい見ちゃったのかな。

主人公は義父にレイプされた過去から、男性恐怖症であり、またそれを思い出すことでなにより興奮を覚えるアラサートラウマ系M女ちゃん。

そして母親に虐待を受けながらバーチャル御主人様を演じるインポの病ンデレ系少年。
この子がまたかわいいの。

そう、年下に命令され隷従する年増という淫乱極まりない展開。

そしてそれは私が日頃行っている関係性の反対だな、と気づきまして。
色々と興奮しながらも勉強させていただきました。

ヲチとしては、少年が母親を刺したり色々あるんだけどまぁインポとトラウマ克服してセックスして終わりですよ。
「BADEND来い」と割りと本気で念じたのに効かなかったです。

私の魔力もまだまだだな。
少し腹がたったので唐揚げ食べてやったぜ。
後悔など。背徳感が、より快感を増すでしょ?
そして「やめなくては」と思えば思うほど、その心がより依存を加速させるのよ。とは私の持論。

[画像:3ab2c6d7-s.jpg]


まっ秋の夜の夜迷言、もとい世迷言。

↑このページのトップヘ