亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。




十三。
大阪。
SMのメッカと呼ばれていたところ。

私のいる場所。
からそう遠くないところにある、古びたサウナ。

看板より。
個室。
サウナ嬢によるソフトサービス一万円。

サウナ嬢…!聞き覚えのないふしだらな響き。
受け付けは23時10分まで。24時には絶対帰るぜという意志の表れの10分。

ここ数年、このサウナでのソフトサービスが気になりすぎて夜しか眠れないので「、私の下僕ちゃんに偵察に行ってもらったのでした。


───結果──
ハンドサービスによる抜きあり。(!)
Tシャツに短パン姿のラフなおばちゃん、「触ってもいいよ」
サウナは十三に三軒あるが、「個室サービスはウチだけ」らしい。

めちゃくちゃ行ってみたい。
寝洗いなる言葉の意味を体でもって教えてほしいくらいだわ。
中の写真がないのがすごく残念。

きっと個室サウナはこぢんまり感とした、アナグラかガランドウかと見まがうコンクリに穴あけただけで薄暗くて閉塞感いっぱいなんだろうなーーーー(適当)
でも、自由な空間だったとして、そんな淫靡な場所に閉じ込められたらナニしちゃおうと思っちゃうな。

夏はきらいだけど、汗かきながらのプレイいたすのはわりとすき。
私の汗一粒も欲しがっていたのは誰だったかしらん。


image






SMクラブ傀儡堂でご利用いただけます。

いつもとは違うプレイで私を楽しませて♪
完全奴隷調教は私の気分で楽しめるから一番好き♡

2017年7月のイベントコース

◆快楽優先アナルコース70分18,000円、110分27,000円
アナルが感じる貴方、アナルで感じたい貴方、アナルを開発して欲しい貴方。
綿棒、指、マイクロローター、エネマグラ、バイブ、ペニバン、浣腸、フィストなど
亜きら女王様によるアナル三昧プレイでお楽しみいただけます。
◆リモンバイブdeお散歩♪無料オプション
路上で待ち合わせてリモコンバイブを「局部」か「アナル」に装着!ホテルまでのお散歩プレイをお楽しみいただけます。
※オプション料金は無料ですが亜きら女王様と合流後、プレイ時間のカウントスタートとなります。
※通常コース、特別コース、イベントコースでご利用いただけます。
待ち合わせ場所:京阪電車「祇園四条駅」8番出口の北側にある京都信用金庫ATM前


特別コース

◆一本鞭コース 30分6,000円
ソフトからハードまでお客様に合わせて対応する一本鞭を使った鞭調教コースです。
※手コキ、足コキでの局部快楽ご褒美付き☆☆☆

◆緊縛練習30分無料延長オプション
プレイ前後のどちらかに亜きら女王様の緊縛練習モデルになっていただく無料延長オプション。緊縛プレイではなく練習となりますので無料延長の時間内は言葉責めなどはありません。
※特別コース、イベントコースでもご利用いただけます。

◆局部快楽☆完全奴隷調教コース
80分20,000円、100分25,000円、130分30,000円
長身で痴女系の亜きら女王様に身を委ねる完全奴隷調教コースです。
プレイ内容はMコースの内容で前半は亜きら女王様による奴隷調教、後半は局部快楽責めによる射精管理や男の潮吹きをご堪能いただけます。
※プレイ内容のご希望はお聞きできません。(NGは事前にお伝えください)





※特別コース=いつ終了するかは未定

※イベントコース=毎月、内容が変わります


私は、給食前に1巻を読むという完全な自殺行為を犯したゆえのトラウマすら愛しいくらいには、HDSのゲン派です。

それはそうと、
自分でスケジュール管理もできないで誰かの時間を奪取ましてや管理などできないです。ね。

あぁ、いつも時間枠から抜け出したいとか抜かしてるものだから。
私のあたまのなかから時間という概念がすっぽり抜け出したらどうしようと恐怖を抱いた2017年梅雨。

だって昔に学んだ公式はおろか、お世話になった先生の名前も忘れっちまうほどだもの。
反復記憶に反映されなければまもなくどこか脳内の奥か外側へんにぽアされます、いつかにお話ししたあのことも。
子どもの頃はめちゃくちゃ記憶力よかったんだけどな。
みんなは忘れてしまうことを自分だけ覚えていたっていいことねーーなってヒネちゃって、
忘れたフリしていたらいつのまにか、ホントのおバカさんになってました、なんてねそうかもね。そうなのよ。


ってことで強盗という隠語を孕む七月の出勤予定を。
しかし時間割でも作ろうかな。
せめてこれ以上時間枠から外れないように、、
でもきっと誰かが引っ張り戻してくれるよね。そうやろ?


image


七月亜きら  

  • 3日(月)17-last
  • 7日(金)17-last
  • 8日(土)17-23    

 

  • 10日(月)17-last
  • 12(水)17-last
  • 14(金)17-last
  • 15(土)17-23

※既にご予約頂いてる場合など時間変更他あるやもしれぬので、詳しくは傀儡堂受付までお問合せくださいまし


ちなみに15日は私が楽しみにしている優雅な野獣の公開日であり、大阪のBlak Pearlさんの周年の日。

もちろんお祝いに伺います、ひっそりと。



暑いのも夏も七月も強盗も嫌い。

風情ある日本の夏はすき。

しかし人の多い祭はだめ。


image



ばいばいさよならまったーね。



いじらしいちくび、とはなんだろうか。
たまによく聞かれる。

しかし、私の感覚的な境域での話なので
「これがいじらしいちくびです」
なんてサンプルも理想もないの。

視覚のみによるものでもないから、

image

こんなのや

image
 
こんなのでも。

わざとニュアンスをぼかしておぼろげな表現にとどめておきたい意味はあるかもしれない。

私がいじらしいと思えばそれがいじらしいちくび。
だって私なら、だいすきな人が「月は青い」っと言うのなら、それでもう月は青く見えるくらい。
そんくらいの気持ちでいたいもの。

慈しみ。けなげ。同情。憐憫。

「可哀想に、」と思うことが私の精神性において欠かせぬ快楽要素。
内的興奮がぞくぞくっとして、背筋にあがってくるあれがたまらんち。


こないだの集団調教、
げにいじらしげな私の様子。


image



image






五感のひとつである嗅覚と、記憶が蜜月であることは、大人人間のあなたなら一度は聞いたことあると思うのでそこは割愛。


夕ぐれにただよってくる煮物の匂いとか、瞬時に子どもだったあの頃の空気に一変するよね。

夏の夕方のなんとも言えぬ、寂しいような胸がすっぱくなるようなあの雰囲気、空気感そのものの匂いもまざまざと残ってる。ゆえに夏の夕暮れはさみしくなるから花火するのよ。嘘よ。

と、まぁ空気や風で「あの時といっしょだ。」なんて当時の感情おまけつきで思い出すくらいには鼻が効くので、いちいちの匂いに記憶もふんわふんわと漂ってくる事多し。
(ノスタルジーを覚えることが、精神的快楽の一つの私としては願ったり叶ったりだけど。)
 
頭抱えるくらいに漂わせたいのはやまやまでも、鼻がいいゆえに自分の体の匂いから香水酔いすることも増えちゃって、あれもこれも飾り壜状態。

そんななか、今もまだ香りを纏う(この表現憧れる。)行為を叶えてくれるけなげな香水がひとつだけ。
どれでせう。ふふ。
 

image


下半身につけるだけの密やかな匂いだから、もし香りを感じとれてたならそれはセクシー。



そしてやっとここからが本題。(仮)
私にとって匂いと同等の作用をもつのが音楽。
香りも音楽も雰囲気を雰囲気たらしめる要素という点では同じでしょ?

感情に働きかけるまでは大袈裟でも、自分のテンションがあがる曲って一つくらいはそれぞれ把握してるんじゃないかなー
やる気出したいときに聴く曲のような。タンホイザーーー!みたいな。

ある曲を聴いて、その曲をよく聴いてい当時の思い出鮮明に懐かしんだり
大好きだった人が好きだった音楽、という風になにげなく思い出すきっかけとして働く音楽さま。

美しいな。音楽はいいよ。音楽はいいねぇ。

だから、いつかの記憶によりよく残すためにもプレイの時間に音楽をとりこむこと、私はすき。
これがムードってやつなのかしら。
単純に、音楽で耳を塞いで聴覚を失わせる
こともすき。


女の子だと声がいつもより大きくなっちゃうって子が少なくないくらい、音楽に心寄せられるなら気持ちがよい。

自分の好きな音楽で耳を溺れさせながら、体はこちらに傾く勢いで迫るくらいの気持ちがだいじ。

とは言え、かえって耳障りに感じる事もあるし、これは私の超個人的主観と好みゆえに。
興味あればそっと伝えてくださいまし。

脳内ぱいんぱいんになる曲だって、それこそ主観のみの話だけどこっそり教えてあげないこともないかもしれない。
明日には忘れてるけど。

image



↑このページのトップヘ