亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。

また随分騒がしい世相が迫ってきた。
私はこの際とばかり様々なものをインプットし思考し、陰陽綯交ぜの自分の内面を再構築している。

君たちに会うのを楽しみにしているゆえに、一刻もはやい穏やかなる日々を待っている。

私のしばらくの傀儡堂シフトについては、
金曜日と土曜日(15:00~21:00)
前日予約のみ。
問い合わせして頂ければ日程調整可。
問い合わせは傀儡堂か、私まで直接連絡を。

くれぐれも心身の調整を怠らぬように。


45




女王様と傴僂ごっこもする。


20211229_173500



BeautyPlus_20220109153456044_save

久しぶりに針刺したとき、あぁ針刺してるなと思った。
刺してしまえば終わるから、こんなものかと思うよね。
お互いに。




なんて可哀想なの、と思えると私は楽しい。



20211225_184724


彼は泣いた。
その理由を後からマゾ文にて知らせてくれたのが、「打擲や呼吸管理といった試練を与えられた末に、地獄で神に救っていただいたような体験」であり、初めての事だったので驚きでどうやら泣いてしまったらしい。

目にためた涙を見て、私は最初痛すぎたのかしら?とも思ったけれどすぐに、何らかの心の動きがあったのだろうと感じとった。

また別の彼は、水分を余りに摂取させすぎた上に腹部を圧迫した末、嘔吐した。
分かりやすい苦痛の限界だな、と思った。

彼の場合は謝りに謝り倒していたけれど、私は反対に冷静で、内心フフフンってな気分だった。
楽しかったのである。

心の内側は目に見えない、見えないからこそ愛おしい。
またそれをいかにこちら側へ見せてくれるか、どのように反応を示すのか?
私はもう少し探索する。








私の父が母と離婚する前、父はホテルに勤めてた。
クリスマスには盛大な家族クリスマスパーティーがそのホテルで催されて、それはとてもとてもいい思い出。

そして私の体はきっと甘いくらいに、チョコレートやケーキなどの甘いものが好き。

よって、アフタヌーンティーが大好き。


20211217_174520

縛ったまま放ったらかして、私は岩盤浴へ。

BeautyPlus_20211217152832686_save

雨の京都のアフタヌーンティーのあとで。






□一月の傀儡堂出勤について□

月曜日,水曜日,金曜日,土曜日の17:00~ラスト迄。
月曜日と水曜日は前日予約のみ。

一月限定おみくじ付コースあり〼
詳しくは傀儡堂HPまで。http://kairaido.com/sp/lady_116/


また1月29日30日と東京に行く予定です。
詳細確定すればお知らせします。






45



私はここにいる。





↑このページのトップヘ