亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。

五年ぶりだった。
相変わらずの犬のままで、私は安心した。
しかし彼は当時よりも晴々とした表情をしていて、実生活の状態がいいのだろうと察した。
それも嬉しかった。

そのなかで私を思い出したという事実さえあればいい。

BeautyPlus_20240314191828601_save

BeautyPlus_20240314213525292_save

殴り、拘束し、濡らし、沈めた。
呼吸を奪う。
私が相手の呼吸を操作する。
酸素が足りなくなって苦しくなって、脳がふらつく感覚が気持ちよく感じるようになって、心地よさに身体をゆだねる。
それが私の手によって与えられた快感だと錯覚する。
錯覚でいい。

久方ぶりに会えたことを、噛みしめていればいい。
私を忘れるときは、私がいなくなるとき。


春の夜の風って、なんでこんなにも鬱陶しいんだろう。







感情、嫉妬や悲しみや孤独感、飢えからくる欲望、そういうものが他者から発露したときに私は興奮を覚える。
そういう生々しいものを引っくるめて愛しいと思う。

私の手で支配していたいし、私だけをひとえにあなたたちは崇めるべきだと思っている。
何もかもを持たなくてもいい、ただ愛の渦の真ん中にいたい。私だけの。

私だけの精神世界を愛してる。あなたたちよりも。
誰にも侵されぬ精神世界から、滴るように構成する私のshowはやはり美しい。

BeautyPlus_20240402160025473_save
20240211bar28a (1994)
20240211bar28a (2098)
BeautyPlus_20240402160142642_save

四月も傀儡堂とバルバラでお会いしましょう。
春のことなど忘れてしまえ。



1711158764001
20240304_182909

彼は、私のブログをすべて英訳して読んでいた。
私をポエマーと呼んだ。
間違ってはいない。
私は小学生から何より詩を愛しているから。

彼の縛られ目隠しした時に発した"Love me"が、妙に愛おしさを誘った。
身動きできぬ抑制された状況において、抑制されぬ感情の発露。
なんとも性的倒錯を感じて私は満たされた。 

ありがとうお前。
また会いましょう。

BeautyPlus_20240305012647329_save





私に何ができてたら、あの人達は離れずにいたのか、死なずにいたのか、そういうことを考えてしまうのが私の春なのである。

もう毎年毎年、春の気配が鼻に肌に触れるたび、気が滅入る。
身体の内でエネルギーが下に下に下降していくこを感じる。
どうしようもない、ただの生理反応のようなもので、ただただ、そんな己が鬱陶しい。

通常ならば起こってしまった事実は受容する姿勢でいるのに、春はすべてが自分の無力さに寄るものではないかと虚無感に被われる。

剥がそうと思えば楽に剥がせるぺらぺらのビニールみたいなもので、憂鬱も虚無も、全くもって実態をもたない。
もたないからこそ私にまとわりつく感覚が不快で、私は落ち込む。
何かに向けてそのネガティブエネルギーをぶつけたくて、人間に触れたり縛ったり殴ったりする。

私という身体を捨て去ればすべて一掃できるような気にもなる。
あえて阿呆のように振る舞ってみせる。
すぐに涙を流すよう心のねじを弛める。

この下らない、なんの意味もない、私の心のありよう、これを春の病と言わずなんと言おう。


BeautyPlus_20210402132330597_save


私に救われたいなら、手を差し出すのみ。
私はだれかを救うことですくわれる。




"痛みは苦手です"
皆口にする。そらそうであろう。
時に痛みそのものを快楽とする人間もいるけれど、稀である。

そしてそのような人間に痛みを痛みとして与えることが成立しないのであれば、私にとっての痛みを与えることでの調教が意味を成さなくなってしまう。
(痛いけれど、その痛みが心地よい、などは許容範囲であるけれど。)

痛みを与える、相手は逃げようとしたり耐えようとする、私のために、恐怖を抱きながら。
痛みを超過すると服従心に満たされて、なお私への思いが強くなる。

そのような経過を辿るようなマゾ諸氏が多いように思う。
ズタボロになっていく姿や私にひれ伏す姿、祈り続ける姿、とにもかくにも私を渇望せよ。

心許せよ、解けよ。剥がせよ。
さすれば私のものとなる。

たぶんね。

BeautyPlus_20240226233222555_save
BeautyPlus_20240310231525522_save
20240226_213752


呼吸の苦しくなる様、喘ぐ姿、必死な目。




↑このページのトップヘ