亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。


気がつけば一月も半ばを過ぎていました。
放置しているわけではなくて、文章を書くのが億劫でした。嘘です。神様おはよう。

とりあえず、アイム インフルエンザ。同じA型のひと、プッチョヘンザ。
言いたかっただけ。

新たな年、とかほんとはどうでもよくて、ただ区切りをつけたい世の中に付き合うと共にあやかっているというていで、私はきちんと新年を迎えている。

会いたいひとがたくさんいる。
SMがしたいというより、私を欲しがるひとたちに会いたい。

とりあえず今はこれだけ。

2019年の抱負は、無駄にしない。何もかも。感情も、苦労も、時間も、人間と緩衝する際に起きるストレスも。何一つ無駄にしない。一ミリも。

You達の抱負もカラダで教えてくださいまし。
いやほんとにカラダで教えられても絶対500%わからんけど、なんかそんな感じだ伝われ。


手洗いうがい歯磨き忘れずに。
ちゃんとしないとおちりぺんぺんされるよ変なおじさんに。

20190119_144816



56

私の色々見えそうなおちりでまた来週。

やっぱり平成最後って言葉は言っておきたい。
九月の末に京都へ居を移してから、僭越ながら、忙しい日々が続いていまして、どちらかと言うと会えなくなったマゾっ子達も多いです。

それは悲しみでもありながら、時の流れの変化であることを受け入れ、自分のなかでどう変容させるかってところ。

近頃、SMにどう対峙するかを脳内で考えすぎている気がして、楽しくPLAYできる自信がないと、正直逃げ腰だった。

嫌な訳じゃないし、まさに楽しく「PLAY」する其れそのものと感じる時間もあるのだけれど。

こんな有耶無耶がないとやってられない、
発散するものがないと走られない。

追われつ追いつ、惑いながら、先に立つ。
振り向かない。嘘。たまに微笑み返してあげる。

そんな時間の積み重ね、日々であればいい。
たぶん。

こんな水無瀬 亜きらだけども、2018年もたくさんありがとう。

私と十秒でも時を交えた全ての人に感謝と幸を。

2018年最後の懊悩。
世迷言。

すべて置き忘れる。
そして築き蓄える。

34

Thak U for ALL🖤

SMクラブ傀儡堂でご利用いただけます。

いつもとは違うプレイで私を楽しませて♪
完全奴隷調教は私の気分で楽しめるから一番好き♡

1月のイベント

■初めて指名の方20分無料延長
亜きら女王様と初めてプレイされる会員様&ご新規様は20分無料延長いたします。
※亜きらさん限定の完全奴隷調教コースは対象外です。
※必ずご予約時に『20分無料延長』とお伝えください。

■リピーター様は10分無料延長
亜きら女王様とプレイされたことがある会員様で完全奴隷調教コースの場合は10分無料延長いたします。
※Mコース、MコースVIPは対象外です。
※必ずご予約時に『10分無料延長』とお伝えください。

■即プレイ調教コース
VIP会員 70分20,000円100分25,000円
通常会員 70分21,000円、100分26,000円
亜きら女王様が部屋に入室される前から調教が始まっています!
1.お一人でホテルの部屋に入室していただきます。
2.ホテル名、部屋番号をお店に連絡、亜きら女王様の入室予定時間をご確認ください。
3.お風呂を済ませてプレイ料金をテーブルの上に置いて亜きら女王様の到着をお待ちください。
4.亜きら女王様の入室で即プレイ調教が始まります。
即プレイシチュエーション

A.扉の前で全裸で土下座して待つ
B.ベッドで四つん這いになりアナルを差し出した状態で待つ
C.亜きら女王様とのプレイを妄想しオナニーしながら待つ
D.お客様オリジナルのシチュエーション(事前申告は任意です)
※ご新規様は事前にWeb入会フォームより入会手続きをお済ませください。


特別コース

◆完全奴隷調教コース
VIP会員 100分25,000円、130分30,000円、180分46,000円
通常会員 100分26,000円、130分32,000円、180分48,000円
このコースは亜きら女王様に全て身を委ねる完全奴隷調教、亜きら女王様に忠誠を誓い奴隷としての調教されるコースとなります。
※プレイ内容(道具・衣装など全て)のご希望はお聞きできません。(NGは事前にお伝えください)



a004827f2a9fa36



※特別コース=いつ終了するかは未定

※イベント=毎月、内容が変わります


言い訳すると、最近京都に移ってきてから、時間の操作がまだ上手くできずblogる言葉が降りてこなかった。

私は日々、思考や、「なぜそれをしたか又はなぜそれを言ったか」、という事に重きを置いて他人様と折衝若しくはマゾ様とplay致している身ゆえに。

言葉を捨て置きたいのだ。
自らの裡を言葉で表現することができなくなったら、それは自らの死と変わらぬと思っている。大袈裟に言えば。

さて、以前より私はレースが好きと公言している。
どこかのblogで綴ったこともあろう。
おフランスとイタリアンレースの繊細さ、か弱さ。
まさに女性性を纏うに相応しい美しさ。

その反対を行くのが、鉄。これまた私の愛するステンレススチールは、実直であり男性的な底力を思わせる。
それがゆえに憧れの意味もあって恋い焦がれると私は思っている。

そしてこれらを思えば、どこまでも水は中性的。
鉄を切ることもあれば、柔らかな素材を優しく洗ってもくれる。
流れる水の音に心静かとなる澄みやかさ。

この世は美しい。(今おもいついた)
たいてい、この子、俺の事好きなのかしらっと恋するのが男子。
わたし、この人の事好きなのかしらっと恋はじまるのが女子

上記はすべて持論でありんす。
悪しからず

20181216_155621
58


明日は満月。変態性高めるもよし、月を愛するもよし。亜きらを思い出すもよし。
🌜

死ぬのが怖い。
死んでからが怖い。無になるのが怖い。
だけど死にたくないわけじゃない。

命を終えた人達は誰も教えてくれないから。
どこにいったかわからないから。

どうして、この機能を失った体はもう動かないんだろう?
と、横たわる遺体を見て考えた時、ほんとうに恐怖した。
焼かれてしまえば、なんの感情も残さないのに。
それこそ煙となって霧散してしまうのに。

何の為に生きてるとか、そんなことはどうでもよい。
種の存続以外の理由がどこに要るというのか。

増えすぎれば結局危ぶまれるゆえに、自ずから調整し間引いていくアブラムシや17年蝉を見ていれば火を見るより明らかだもの。

また、そこらの虫と自分という存在の違い、差がわからなくなって意味の無い思考を錯綜させてしまった。

だって、いつか死ぬると分かっていても愛さずにはいられない猫たちや魚たちもいつか死ぬんでしょう。

あなたたちもあなたたちの好きな私だって死ぬもの。
じゃあ、それまでの時間に残された猶予とは時間そのものだけでなく、すべての行為感情思考感応交感感覚。
すべて消耗品。

手にするものも、その手でできることも、幾らもないかもしれない。

という世迷言。

昼間に聴く憂鬱な音楽は、嫌いじゃない。

20181120_111210
20181120_113202



↑このページのトップヘ