亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。


死ねよ。死ね死ね。
死ね死ね死ね って思うよ、時に。

面倒くせえな鬱陶しいなって。
自分自身。

だけど、だからってそれが何?

結局生きて死ぬしかないんだから、生きてくだけだ。

それならば、どうせならば、自分をまっとうに最高にイカす生き方をさせてあげたい。

最近ちょっぴりそう思う。

糞みてえな人生の果てに犬死にしたかったっけな、今より随分と若い頃は。


line_436746757360407


思いの強く揺るがぬ精神は、美しいな。







この頃、自分の内側を閉じがちになってしまっているようだ。
内面世界ではしゃぐ内向きな自分を。
あまりに自分に閉じ籠り過ぎるがゆえに、世界と繋がる必要がある、そう思って生きはじめてまだ日は浅い。

が、ふと振り返ると、こんなにもあの時の自分から離れてしまったのかと驚く。
それは良くも悪くも歩み進んでいる事に変わりはない。
ないはずなのに、どこか寂しい。

自分で自分の肩を抱くような夜に沈んでいた、そんな情景ももはや懐かしい。

強くなったのかもしれない。
多くの事を無視できる強さ。

外界からのエネルギーに自分が負けないでいられるなら、それは本望である。
と、現在言い得ないのが私の未だに弱いところかも知れない。

人間の弱さこそを美点と捉えてきたふしがある。

それともただ自分に酔いたいだけか。
悲しさに耽っていれば、およそ現実を直視せずにすむ利点がある。
逃避するための言い訳を並べては自分を慰めればいい。

きっと、そこから立ち離れつつある私へ向けて、あの頃の私が妬みの眼差しを投げ掛けているだけだ。

line_436836707704956



ほんの世迷い言。
もうすぐ春がやってくる、春は嫌いだ、
あの憂鬱に浸る用意はできている。







やっぱり、死ぬ理由がわからない。
いずれ死ぬのに生まれる意味がわからない。

そんな思いを、ナイルの死と、母親の命日をと迎えて考え耽ったりした一月の終わり。

しかし私は以前このブログに書いたとおり、ナイルを初めて見たときに死を、命の終わりを感じる姿に惚れたがゆえに動物園に通ったのだ。http://jojoh.blog.jp/archives/28802732.html
(ナイルについて書いたブログ)

2019年のうち、京都市動物園へ足を運んだ回数は14回。
最期を見届けたかった。
今際の際と知ってから三度涙したものの、やっと楽になれてよかったねと安堵したのも事実である。

いずれ生きとし生けるものは死ぬ。
それならば自分の世界だけは決して失うことないよう大事にしていきたい。
私は。


さて、そんな私に惚れこんでいるある男との夜のこと。

04

私が彼を虐げるのは31回目だったという。

プレイなのかセッションなのか調教なのか、呼称は私はどうでもいいと思っている。
ただ私の事が好きなのであれば、それを身体で伝えてみろってだけの話だ。
そしてどこまでもついてきてみろ、とも思う。

昔から頭のおかしかった私は20歳時分の頃、私の事が好きならばそれを伝えてほしい、と付き合っている男に煙草をおしつけたり、煙草を食べる事などを強要していた。

結局私のSMはその延長線にあるのであろう。

20200211_212848

▲半泣きで私へ近寄ろうとしてくるこの姿は、とてもいじらしかった。


そしてさらに打擲したくなる。



おわり。




同じ行為のはずなのに、違和感を覚えるときのフラストレーションがきらい。

これじゃない、
だけど何が妥当なのかわからない。

だから暴力的になる事もあるのかもしれない。
一方向的な暴力行為。

それでいて、甘んじて受容するしかない人達を私は憎まない。


IMG_20200129_014753_929






最近なんとはなしに目にし耳にして心に残った音楽の話。


20200128_023216

▲Dimitri Vegas & Like Mike,Era Istrefi/SelfishのMVhttps://youtu.be/OdTMyWnlSjg

鯨が空を泳いでいたらとても美しい、と一度ならず空想したことのある私が思わず涙しかかった映像。

現実的にもし起こり得たとしたら、息を飲んでただただ見つめる。
そして世界に神に宇宙に感謝するでしょう。
あぁ
絶対に有り得ない、となぜ言い切れるの?


▼続いて
Jason Derulo & David Guetta Featuring Nicki Minaj & WillyのGoodbyehttps://youtu.be/kUjKxtJd21Eを初めて耳にしたとき、なぜかとても感動して心が透きとおる感覚だった。
しばらく聴いていて、すぐにその理由がわかった。
Sarah BrightmanのTime To Say Goodbyeのサンプリングである。
感動して至極当然。

天使の歌声と呼ばれるサラ・ブライトマン、ライブにも足を運んだことがあるくらいには好き。
彼女の歌うヘンデルのリナルドはまた美しい。

日常での些細な背景や横切っただけのものだとしても、自分の琴線に触れるものが隠れているかもしれない。
そしてそれを決して見逃したくない。
貪欲でいたい。


それだけの世迷い言。





↑このページのトップヘ