亜きら - 抒情の部屋 -

初めまして。 京都SMクラブ傀儡堂、京都バルバラに所属している亜きらと申します。 素敵な時間と世界を共有しましょう。






気になって仕方ない、もっと知りたいという思いが恋だとして、
「自分だけのものにしたい」ってのは欲FinalAnswerでしょう。

「好きだから」という好意と善意の名のもと、相手のこと慮らず感情や行為押しつけるなんてもっての他で。

感情論と精神論が似て非なるもののように、恋と愛はおててつないでないのだと私は思うなの。
あ、今の私は。

愛について語るなんておぞましい、じゃなかったおこがましいからお口ミッフィー。(・x・)


好きな人に好きになってほしいってのはいちばんのわがままだって昔、私の好きだった人が言ってた。

むずかしいね。
こんなに人っころは地球に転がってるのにね。

私は感情をSMの行為に必要とするけれど
濃すぎるものは時にべろが痺れて味がわからなくなっちゃうのかもしれないな。 

最近、某かの人の気持ちや心について沈思黙考することが多くて
なんとなく、私の外側が今かたい。
こちこちに固まったら、じきにひびが入るかそれとも蛹みたいになかでどろどろ溶けるか。

どうあっても変化するならそれはよいこと。そうでしょ?

静かに。
考えても仕方ないことを考えるのは私のもはや趣味。
シフォンケーキが食べたい。

image



image



ここしばらく自信が持てなくて、でもあまり頭を回して思考を構築するのも嫌で、
なーーんにも感じないふりしてたけど
振り返ればそこにいる気がしてだめだね。
たまにはちゃんと自分と向き合わないと。
 
ともすると自己内省しては独断的な完結に至るのが私の悪いくせなので、たまにはぶん投げちゃってもいいかなーーって軽く甘く思っただけ。
投げても現実のむこうまで飛んでくわけじゃないし
自覚してる限り終わってないのかもしれない。なんちて。

現実での苦悩を共にしながら安定をはかる関係と、
非現実的関係のもとに秘密を共有するのは対なのかな。
 
どっちも欲しいから、私たちがいる。

私の言葉にいちいちの深い意味はmjdない。

S_6087242381535
S_6087242381535
S_6087242381535



見られるということ。
見るということ。

どちらも主観的な話で、外側からの客観視によれば違いはないはずなのに
両者はとっても差があるね。


発信したものがどう受信されるかも人が違えばそれぞれ。
発信した側が意図せぬ捉え方によって影響が大きくなったり小さくなったり。

何が言いたいとかなくて、
私は受信する側でいたくて誰になんの影響もせぬものでいたくて
どんな形にもなれるのに触れると感触のなくなる水のようになりたいと
二十の頃考えていたなーという話。
水底、みなぞこって美しい言葉だなって。

月が高くほんとの天辺にいるときは
見上げる自分がどこかの底にいる気分になる、あれがすき。



image




朧月の夜はもう終えたようで、今夜の月は目が覚める様でした。
新緑が青空に映える季節は瑞々しくていいです。


SMクラブ傀儡堂でご利用いただけます。

いつもとは違うプレイで私を楽しませて♪
完全奴隷調教は私の気分で楽しめるから一番好き♡

2017年5月のイベントコース

■死体ごっこ 70分18,000円
亜きらさんの好きなギークなストーリープレイです。

いつもとは違う世界観で亜きらさんと時間を共有されたい方におすすめのイベントコースです。
※亜きらさんは水着でお風呂場でのプレイとなります。



特別コース

◆一本鞭コース 30分6,000円
ソフトからハードまでお客様に合わせて対応する一本鞭を使った鞭調教コースです。
※手コキ、足コキでの局部快楽ご褒美付き☆☆☆

◆緊縛練習30分無料延長オプション
プレイ前後のどちらかに亜きら女王様の緊縛練習モデルになっていただく無料延長オプション。緊縛プレイではなく練習となりますので無料延長の時間内は言葉責めなどはありません。
※特別コース、イベントコースでもご利用いただけます。

◆局部快楽☆完全奴隷調教コース
80分20,000円、100分25,000円、130分30,000円
長身で痴女系の亜きら女王様に身を委ねる完全奴隷調教コースです。
プレイ内容はMコースの内容で前半は亜きら女王様による奴隷調教、後半は局部快楽責めによる射精管理や男の潮吹きをご堪能いただけます。
※プレイ内容のご希望はお聞きできません。(NGは事前にお伝えください)



BS5A4900


特別コース=いつ終了するかは未定

イベントコース=毎月、内容が変わります



SF小説は星新一くらいしか知らなくて全く興味がなかったんだけど、、

image


この小説は素敵。
こんな詩的なSFがあるのかと瞬殺的に、
やられちゃいました。
読みすすめたい気持ちと読み終わるのがもったいない気持ちが錯綜しております。
断然、物語は未完派ゆえ。

なにか美しいものに触れたい夜だったので、お気に入りの絵や写真を読みながら
美しい絵だとか面白い本だとか、主観あるのみなのに大多数がそう感じるってすげーー不思議だなと無意味に考えたり。

image



そして汚いものとか所謂よくないものへの感じ方はそこまで大差ないのも不思議。

あと例えば怖いもの。
これは割りと個人差がでるのかな。
私は皆が皆同じ方向を向いている様子がすごく怖い。(映画館とか飛行機とか振り向くとぞっとする)ので、いつも少し横を向く。

欠けているもの、終わる事のないものを愛するのはもうずっと変わらない。


あまり頭まわさずに書いちった。
伝わらなければSORRy

↑このページのトップヘ